ご意見・ご感想・問い合わせはこちら
                 




     
趣の間 プロフィール

 
【12】 2003.12.7 【サンセット大通り】 監督:ビリー・ワイルダー

柴田:最近毎夜読んでいる漫画があるんですよ。岡崎京子の『へルタースケルター』。
    全身整形して美にすがるモデルの女の子が主人公。
    整形の副作用でだんだん身体が駄目になっていくの。

岡崎:げげげ。ヘビーですね。

柴田:そこで紹介されているのがこの映画『サンセット大通り』

岡崎:ででで。それもヘビーそうな内容ですか?

柴田:そうですね、ある程度年を重ねた女性なら身につまされそうな。

岡崎:えーーー怖いの?ビリー・ワイルダー監督ってコメディ撮ってるんじゃないんですか?

柴田:そうそう。でもホラーじゃないですよ。もっと人間を見る目が鋭くて怖いって感じ。
    制作したパラマウント社は、内容の過激さに困惑して公開を一年遅らせたそうな。

岡崎:へー。

柴田:映画関係者に大絶賛の話題作だったみたいです。ま、そうじゃなくても面白いよ。
    

 『サンセット大通り』 監督:ビリー・ワイルダー
  出演:グロリア・スワンソン ウィリアム・ホールデン 
      エリッヒ・フォン・シュトロハイム 1950年

豪邸で隠遁生活を送るサイレンと時代の映画女優ノーマ・デズモンドの元に、
住み込みで彼女の書いた脚本の手直しをすることになった脚本家ジョー。
ジゴロ気取りで暮らしていたジョーだが、
ノーマがジョーに恋をして彼を束縛し始めたため、
窮屈に思うようになる。夜、こっそり屋敷をでて、
友人のフィアンセと一緒に脚本を書いていたところ、
嫉妬したノーマがジョーを撃ち殺す。
事件を聞きつけた記者たちのフラッシュに囲まれて、
ノーマは大女優の貫禄で屋敷を出て行くのであった。
サンセット大通り スペシャル・コレクターズ・エディション
サンセット大通り スペシャル・コレクターズ・エディション



岡崎:おおおおお、面白かった。よく出来てた。最初、主人公がいきなり死んでてビックリした。

柴田:死体が事件の真相を打ち明けていくって面白いよね。

岡崎:ビリー・ワイルダー監督、凄い!巧みって感じがした。
    ノーマが映画撮影所に行ったとき、ライトの当たっているときだけみんなにちやほやされて、
    ライトが消されたら皆去っていくところとか。上手いなぁ。

柴田:象徴的やんね。ハリウッドの内と外を一シーンで表現してるの。
    ノーマが怖い顔してて、実は物凄い純粋で可愛らしいのよね。

岡崎:映画監督に「寂しかったわ」といったり、若い男に恋をして貢いじゃったりね。
   また映画に出られると思ってエステに励むとか、めちゃ素直でかわいいやん。女心やね。
   主人公もノーマをほんまに愛してあげたら死なんですんだのにー。お金持ちにもなれたのに。

柴田:ノーマは女優としての貫禄を保っていられるのは屋敷の中だけやから、
    屋敷から出ないで自分の昔の写真や昔の映画を見ているのよね。
    現実を見ないように夢の世界に身を置いていたいというのは
    『欲望という名の電車』のブランチと同じやね。

岡崎:ほんまや。

柴田:ブランチはお金がなかったから現実と衝突して精神に異常をきたしてしまった。
    ノーマは金持ちで金で若い男を繋ぎとめたけど、結局孤独だった。

岡崎:かわいそう。

柴田:歳をとるのはそんなにみじめ?

岡崎:ただ愛されたいのよ。幾つになっても。女は。

柴田:うーむ・・・でも男は若い女が好きってことか。

岡崎:うーむ・・・

柴田:ノーマ役をやったグロリア・スワンソンはほんまにサイレン時の大女優なんですよ。
    劇中に出ていた彼女の若い頃の写真や映画はほんまに彼女の昔の作品。

岡崎:へー。へーへー。

柴田:「私は偉大よ!映画が私を小さくしたの。」とかって、説得力あるのよ、この人が言うの。
    女優も駄目になった、でもガルボだけは別、とか。ガルボは老いる前に引退したしね。
岡崎:へーへーへ。あー、マジでそうなんや。確かに、迫力ある目の演技やった。

柴田:ラストにフラッシュの中、大階段を降りてくるシーンはもう・・・凄いよね。凄い・・・怖い。

岡崎:なるほどなぁ・・・

柴田:で、元映画監督でノーマの召使いをしていたのが、
    ほんまにサイレン時に映画監督やってたエリッヒ・フォン・シュトロハイム。
    ほら、見たでしょ、彼が撮ったやつ。『グリード

岡崎:!!!ああ!!!あれ撮った監督!?へーへーへー。

柴田:ほか、セシル・B・デミル監督も本人やし、サイレント映画好きにはヨダレものの
    名前や人物が盛りだくさんの映画と言うことで好評なんだよ、これ。

岡崎:じゃ、これからまたいろんな映画を見て、私らも歳を重ねて見直したら面白いんやね。

柴田:あー、歳をとっても恋人一人のために
    チャップリンの物真似をやって笑わせてあげる女でありたいです。
   ノーマのようにうまくね。そのために演技を磨きます。はい。
  





     4.5畳映画館MENU




















(c)All Rights Reserved TAKABISYA 2003-
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー