ご意見・ご感想・問い合わせはこちら
                 




     
趣の間 プロフィール


 【17】 2004.1.25 【極楽特急】 監督:エルンスト・ルビッチ

岡崎:柴田さんって凝り性よね。

柴田:そうお?

岡崎:「おにぎりせんべい」が好きやったらいっつもおにぎりせんべい食べてるし、
    鶏肉好きやからって手羽先の骨の髄まで食べてるし。
    ビックリするで。鶏のもも肉食べてたら骨までバリバリと食べ出して。

柴田:軟骨すきやねん。

岡崎:で、映画となったらルビッチばっかり。

柴田:あますとこなく見尽くしたいね、ルビッチ。
    やはりその語り口に慣れてくると面白さが増すからね。
    ルビッチ、いいよ。もっと現代でも名が広まればいいのに。
    私、ルビッチキャンペーンをやりますよ。


 【極楽特急】 監督:エルンスト・ルビッチ
 出演:ミリアム・ホプキンス ケイ・フランシス ハーバード・マーシャル 1932年

ホテルで知り合った大泥棒のガストン・モネスク(マーシャル)とリリー(ホプキンス)。
香水会社社長の大金持ちの未亡人・コレ夫人に狙いをつけた二人は、秘書として彼女のお屋敷へ侵入。
しかしコレ夫人がガストンに惚れて、事態は急展開。
嫉妬したリリーはひとりでコレ夫人の財産を盗もうとする。
ガストンとリリーが泥棒だと知ったコレ夫人は二人を見逃してやる。



岡崎:このリリー役の女優さんは前見たルビッチの作品にも出ていたね。

柴田:ミリアム・ホプキンスね。可愛らしい。「生活の設計」のときも良かったけど、これも可愛らしい。

岡崎:表情がコミカルでいいわ〜。ガストンとリリーの盗み合いのシーンの表情とか。

柴田:うんうん。ああいうシーンを撮るルビッチのお洒落でユーモアある才能が好きよ。

岡崎:リリーに対してコレ夫人は、やっぱり色気があって、そりゃガストンもちょっと目移りするわな。

柴田:コレ夫人、たれ目やもんね。たれ目の人羨ましいよ、なんか色っぽいもん。

岡崎:それは柴田さんがキツ目やからよ。ないものねだりよ。

柴田:キツ目ってなによ。キツネ目とかツリ目とか言われるけど。


岡崎:やっぱガストンはコレ夫人に惚れたんやろか?
    でも自分は泥棒でコレ夫人の愛を受けるわけにはいかないから
    同じ泥棒であるリリーと去っていったんやろか。

柴田:そんな深刻なテーマはないんちゃう?ラストのガストンとリリーはほんとに仲良く楽しそうやし。
    いや、ガストンとコレ夫人のことは所詮浮気よ。
    ガストンはそれまで苦労を共にしてきたリリーの元に戻るのは自然よ。


岡崎:ほほー、男の浮気事情には何か主張がおありのようで?

柴田:そんなんちゃうけど、ガストンにはリリーしかいないって。最高のパートナーよ。
    コレ夫人がなんぼ金持ちで色っぽくたって、パートナーとしてずっと一緒にいられるってことにはならないよ。 

岡崎:ほうほう。

柴田:だって、これ、ラストにリリーとガストンが元の通り仲良くならんと話終わらんかったでしょ。

岡崎:そうやね。コメディーに倣うほうが人生は幸せよね。うんうん。  


 



      4.5畳映画館MENU

































(c)All Rights Reserved TAKABISYA 2003-
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー