ご意見・ご感想・問い合わせはこちら
                 




     
趣の間 プロフィール
女のいばら道            


【5】眉毛の調子
  2003.11.5

小島:えー、本日は北山付近にあります、さびれたお好み屋にやってきました。

柴田:あー!!!しまった!!!そばめし頼もうと思ってたのに、うっかりいつも通りの豚玉頼んでしまった!!!

小島:いいやんか。豚玉。お好み焼き屋に来て豚食べへんかったら後悔すんで。

柴田:わたし、生まれてこのかた、そばめし食べたことないねん・・・

小島:あなたそんなんばっかりやな。高校行くまでざるそば食べたことなかったんやろ。

柴田:そう。ざるそばをはじめて食べたのは17歳の夏でした。

小島:もう、いっそのこと、一生そばめし食べんとき。棺おけに入れたるわ。

柴田:そんなん、嫌!!
 

柴田:最近、顔の調子悪くてね、化粧がのらないんです。
   ずっと調子悪いなーって思ってたんですけど、これって老化?


小島:そりゃあ20歳やそこらの頃とは違いますよ。
    友達の顔とか自分のんとか見てて思いますけど、
    22・3歳くらいで少し「笑いじわ」が残るようになるね。
    お肌の曲がり角は25歳って、よく化粧品のCMでいうやん?あなた、どう?


柴田:めっちゃそう思う。生まれたてがもっともつやつやで、少しずつ衰えてるんやろうけど、
    25歳からその角度が急降下って実感してる。わたし化粧したまま平気で寝たりしてたからなー。


小島:洗顔を丁寧にするだけでずいぶん違うで。マッサージ効果もあるからな。

柴田:でも肌の調子が悪くって、「あー、今日はファンデーションのノリがちがうわー。」っていうのは
    分かるねんけどな、わたし、日によって眉毛うまく描ける日と描けへん日があんねん。
    あれ、なんやろ。


小島:「今日、眉毛調子悪いわー」って?

柴田:そう。

小島:毛、伸びてんちゃうん?カットしたら?

柴田:なんかあるんやろな。毛並みがかわってんやろな。
    もう、眉毛描くの失敗した日は外出すんの嫌やねん。
    釣り上がって描いてしまった日は「あー、みんなわたしのこと恐い人と思ってんやろな・・・」とか、
    下げて描いてしまった日は「わたしのこと情けない顔やと思ってんやろな。」とか心配になるねん。


小島:ふんふん。眉は表情を担っているからね。

柴田:だからとりあえず、眉をひそめて眉のラインがあんまり分からんようにしてな、
    「世の中について悲痛に悩む知的な人」のふりすんねん。

小島:あほやろ、あんた。ずっと眉間にしわ寄せてたかって知的には見えへんわ。
    「機嫌悪い、ガン飛ばしてる女」の顔やで。

柴田:あそう?

小島:眉間にシワが残らんうちにやめた方がいいよ。「眉毛の調子が悪い女」と思われたほうがマシやで。

柴田:あそう。じゃ、「眉毛が調子悪い女」として堂々と街を歩くことにするわー。

 


     女のいばら道MENU


































































(c)All Rights Reserved TAKABISYA 2003-
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー